RSS | ATOM | SEARCH
稲美町の中島さんを偲んで・・・
 
1.Art Pepper         2.Sonny Criss       3.Joe Henderson

この3枚のレコードは、中嶋氏が生前ビコーズにて
好くお聴きになっていた愛すべき Jazz  Albumです。

 

1. Art  Pepper  Meets  The  Rhythm  Section (Contemporary S7532)
                                                                       1957.1.19 LA録音

  Art Pepper (as)   Red Garland (p)  Paul Chambers (b)
    Philly  Loe  Jones (ds)

    1曲目の“ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム” は
  ヘレン・メリルがクリフォード・ブラウンと共演した曲が有名ですが
  ペッパーの演奏は、このアルバムの価値と人気を決めた1曲でしょう!!


2. Sa
turday  Morning (Xanado 105)  1975.3.1 録音


  Sonny  Criss (as)  Barry  Harris (p)  Leroy  Vinneger (B)
    Lenny  Mcbrowne (ds)

    1曲目の“エンジェル・アイス”と4曲目の“サタディ・モーニング”が最高に
  かっこいい!!!氏はオリジナル盤を所有されていました。


3.The  State  Of  The  Tenor  1  
   Live  At  The  Village  Vanguard  vol.1 (Blue Note) 1990.10.25 録音


  Joe  Henderson (ts)  Ron  Carter (b)  Al  Foster (ds)

    ジョーヘンに関しては、氏がニュー・ヨークへ旅行した時に、生演奏で聴き
  とても感動された話を、つい昨日の様に思い出されます

 きっと天国でも、この3枚のアルバムを聴かれている
 事でしょう!!!ご冥福をお祈りします。  
author:ジャズオジサン, category:マスターの独り言, 00:16
comments(1), -, pookmark
Comment
いずれも、聞き飽きることのない名盤ですね。
私もArt Pepper の You'd be so nice・・を聴くたびに中嶋さんのことを思い出すことでしょう。
しろくま, 2011/01/21 6:26 PM